名古屋市でエプロン・バッグ・ポーチ等の雑貨を展開するCOCOWALK「お知らせ・コラム」ページです。

News & Column お知らせ・コラム

割烹着こそ最高のエプロンです!

割烹着と聞いて日本人の90%が思い浮かべるのが、サザエさんのお母さんであるフネさんが身に着ける白い割烹着。
昭和の古き良き時代のお母さんの象徴的なファッションかもしれません。

なんだかホッとします。
実家、いやむしろおばあちゃんの家に遊びに行ったような、なんともほっこりした気分にさせてくれます。
しかし、きっと私は着ないし、
むしろ着たくない・・・
というのが正直なところ。

今の私たちにとってはちょっと遠い存在である割烹着ですが、実はたくさんのメリットがあり、エプロンとしては最高の機能性を持っているんです!

そこで、エプロン屋歴20年のココウォークが作った、2020年代の私たちの気分にフィットする新しい『割烹着-KAPPOGI』シリーズをご紹介します!

そもそも割烹着とは?

割烹着は日本発祥のエプロンです。
その歴史は古く、1902年頃に東京の赤堀割烹教場において、調理や掃除の際に女性の着る着物を保護し汚れを防ぐために作られました。
※諸説あり

着物の袂が納まる太い袖。
着物の帯までも覆う広くゆったりとした身幅。

着物を前提としているため、防汚部分が広く且つゆったりとしたサイズ感が特徴です。
また生地は安価で丈夫な綿のものが多く、色は白か灰色ピンクなどのものでした。

衣服を汚さないという意味ではシェフコート並みに機能的で、多くの女性の支持を受け日本中に広がっていきました。

そんな割烹着の長所を現代に受け継ぎ、
私たちの生活だけでなく心もHAPPYにしてくれるようなアップデートを施した、
エプロン屋ココウォークならではの『割烹着~KAPPOGI~』シリーズをご紹介します!

起毛ビエラのショート丈割烹着

伝統的な割烹着の良さは活かしつつ、洋服にも合わせやすいサイズとカラーリングで作られた割烹着です。
商品名の『起毛ビエラ』とは、ネルシャツに使われるようなしなやかでやわらかな風合いの生地をさらに薄くして取り扱いやすくした生地です。起毛もかかっているので、ネルシャツのような保温性もあります。
身丈は75cm。パンツスタイルにも合わせやすいショート丈ですが、日本規格のキッチンの高さにもフィットし、エプロンとしての機能性も損ないません。

抗ウイルス加工のショート丈割烹着

抗ウィルス加工を施した綿65%ポリエステル35%の清潔エプロンです。
抗ウィルス加工とは、製品上の特定ウイルスの数を減少させることとして定義されており、(ISO 21702)抗ウイルス性試験では特定のウイルスを用いて試験を行い、抗ウイルス加工した製品としていない製品を比較し、24時間後にウイルスの数が1/100以下になった場合に、抗ウイルス効果があると規定しています。

スッキリ見えるロング丈割烹着

身丈105cmのロング丈割烹着です。
裾にはスリットが入っており、足さばきも抜群でかがんだりする作業の邪魔にもなりません。
綿/レーヨン/麻の混紡生地がとろみ感のあるさらりとした肌触りと、すっきりしたシルエットを演出します。

また、このエプロンのもう一つの大切なポイントがVネックです。
一般的な割烹着は丸首ですが、少し肌寒い季節に着用することが多い割烹着だけに、タートルネックやパーカーなどの秋冬のファッションでも、そのまま上に羽織るだけで様になるようにデザインされています。

デニムの割烹着

デニムシリーズの割烹着です。
袖口は絞っており、9分袖と少し短めのデザイン設計です。
袖口を絞ることで、もたつきの解消や衣類の袖口の汚れをカバーできる実用的なエプロンです。
割烹着では珍しいデニム素材は、軽量なライトオンスの物を採用し、着心地もかろやかです!

私たちの時代のエプロンとは?

そう。
今や割烹着はおばあちゃんのためのエプロンではないのです!

仕事も家事も子育ても。
いつも何かと忙しい私たち。

その中でも特に、誰に見られるわけでも褒められるわけでもない家事労働。
だからこそ、私たちの気持ちを少しだけでも上げてくれる存在がココウォークのエプロンなのです。

誰も見てないけれど、かわいい色で。
誰も見てないけれど、ウェストシェイプですっきりシルエットに。
誰も見てないけれど、袖口のゴムもかわいいギャザーで。
誰も見てないけれど、着ている私にも見えないけれど、後ろ姿もきれいなシルエット!

来月以降も秋冬新作エプロン続々登場予定ですのでお楽しみに♪♪

 


ココウォークのエプロン、AMAZONでも取り扱い始めました!

TOP