名古屋市でエプロン・バッグ・ポーチ等の雑貨を展開するCOCOWALK「お知らせ・コラム」ページです。

News & Column お知らせ・コラム

着るエプロン。出かけるエプロン。

忙しい日常の家事に少しの色どりを

あまり家事が好きではない。
でも買い物に行くのは少しウキウキする。
家にいていろんな家事をやっている時よりも、ご近所のスーパー程度の小さな外出に、少しだけ心が躍る。

たまの休日。
今週は忙しかったから掃除に洗濯以外にも、いろいろと家事がたまっている。
来週も忙しくなりそうだから、この週末はいつもより買い出しもまとめてやっておかなくちゃ。
そんな家事モードで気合の入った週末。
基本的には家にいるので、そんなにおしゃれに気を遣うわけではないのだけれど、それでも家に閉じこもっているよりも、ウキウキしながらスーパーまでは車で5分の道のり。歩き回っても疲れない程度の小さめのショッピングセンター。食料品以外にもいくつか寄っておきたい店がある。

エプロンは私を縛る足かせか?

幼いころから、エプロンと聞いてイメージするのは、日本人の原風景「サザエさん」。
白い割烹着を着たフネさんと、もう少しだけ現代的な形のエプロンを身に着けたサザエさん。
今となっては珍しい3世代同居、母娘で専業主婦という古き良き日本の家族のかたち。
もしも私のそばにフネさんのように包み込んでくれるような優しい存在があったなら。
もしも私が専業主婦であったならば、サザエさんのように家族の太陽のような存在でありたい。
このお二人の存在や家族の姿は、ある種の憧憬であり、周囲に求められている姿なのかもしれない。だけど、果たして現実の私は、家族とは離れた場所で、あらたな小さな家族をつくり、週に5日会社へ通い、忙しく働いている。求められているかもしれないサザエさんやフネさん的な古き良き日本の女性像とは程遠い場所にいる。

気持ちを少し上げてくれるエプロン

フネさんのようにはなれないけれど、めんどくさがりで家事が苦手な私だけど、いざ家事モードで気合を入れるときにはエプロンをつける。すると不思議と少しだけハッピーな気持ちが訪れる。

フネさん仕様でもサザエさん仕様でもない、私のエプロン。
いわゆる「エプロン」ではない「ワンマイルエプロン
それは、私の気持ちを少し上げてくれるエプロン。
これを着ると、いつもより家事がはかどるような気がする。だけどこれを着ても全く家事には手を付けずのんびりお散歩することもある。いずれにしても私の心はよく晴れている。

今の時代のエプロン。

私たちは忙しい。
仕事においても家庭においてもマルチタスクが求められる。
私たちは一か所にとどまってはいられない。
仕事のためだけに生きてるわけじゃないし、家庭のためだけに生きているわけでもない。
時代に合わせて洋服の世界も変わってきたように、エプロンだってアップデートしなきゃいけない。
ワンマイルエプロンは、私たちが考える、今の時代のエプロンです。
家から「ワンマイル」程度のご近所なら、家事をした後、着替えの必要なくそのまま出かけられる。洋服であり、エプロンでもある。
私たちを自由にしてくれるエプロンです。

エプロン×ワンピース

ご近所での買い物や、子供の送迎や習い事などそのまま出かけられるエプロン「ワンマイルエプロン」。家事の途中でも脱ぎ着しなくても大丈夫です。家庭での洗濯も簡単なうえ、大小の小分けポケットや、家事の邪魔にならないサイズ設計などエプロンとしての機能性ももちろん大丈夫。また、通常のエプロンとは違って、背中からお尻のラインも隠しながらきれいに見せるシルエットで、見た目はほとんどワンピースです。
ほぼ毎月限定商品も登場しますので、季節に合わせてお楽しみください!
ワンマイルエプロンはこちらから

TOP